プラント施工管理の仕事とは?どんな人に向いている?

プラント施工管理の仕事の内容と必要な能力

プラント施工管理は建築業界の仕事の1つで、工場や生産設備を設計図に基づいて作り上げる際に管理する仕事です。管理の仕事ですからマネージメント能力が必要です。具体的には作業工程のリスク管理やスケジュール管理があります。プラントは高価なものが多いため、原価管理も重要な仕事です。

制御・計装やユーティリティなどの設計の場面では、専門のエンジニアとの協力が必要なシーンも多いのでコミュニケーション能力が問われます。

プラント施工管理には、プラント完成後の品質検査も含まれます。そのため設備に関する知識だけでなく、製造技術に関する知識も必要です。試運転をして、問題があれば解決した上で工期に間に合わせなければなりません。

プラントが稼働したら、日々の保守管理作業も請け負います。

プラント施工管理のメリット・デメリット

プラント施工管理の仕事に就くために特別な資格は必要ありませんが、「電気工事施工管理技士」又は「管工事施工管理技士」の資格があると就職やステップアップにも有利です。大規模なプロジェクトに携わって、多くの人を動かすことができるやりがいのある仕事です。海外に工場を持つ企業も多く、大手の建設会社に就職すれば海外で働くチャンスもあります。

一方プラント施工管理は大規模な仕事なので、工期の遅れによって多額の損害が発生することがあります。大きな責任を伴うため、責任感の薄い人やプレッシャーに弱い人には向きません。環境の悪い職場ではストレスに耐えられない可能性があります。

プラントの派遣にはプラント施工管理・空調設備施工管理・建築施工管理・土木施工管理等の様々な職種があります。