普通免許だけで働けるって本当?トラックドライバーとして働くために最低限必要な免許

取得した自動車免許でトラックドライバーに!

自動車の運転免許は取得した時期によって、運転することが出来るトラックの大きさが異なってきます。2007年6月1日以前に普通自動車免許を取得した場合、最大積載量5トン未満のトラックを運転することが出来ます。ですから、少し前に普通自動車免許を取得した方は、その免許を生かして少し大きめのトラックドライバーになることが可能です。また、普通の車に比べトラックは運転するのに少し技術や注意しなければいけない部分がありますが、会社によっては隣の席に社員が乗って指導を行い、安全に運転できるまで教育をしてくれる所もあります。そのようなトラックドライバーの求人に応募すれば、初めてトラックドライバーになる方も安心して仕事が出来るでしょう。

マニュアルに乗れる人は業界でも重宝される

トラックにはオートマとマニュアルの二種類があり、最近はオートマも増えてきていますがまだまだマニュアルのトラックを置いている企業も多いです。また、普通自動車免許を取得する時にオートマ限定での取得を希望する方も増えているので、マニュアルに乗れる方は業界でも重宝されます。トラックドライバーの求人に興味があり、マニュアルに乗れる普通自動車免許を持っている方はぜひ応募してみましょう。日本の物流を担うトラックドライバーはビジネスに欠かせないものであり、その需要もネット通販や宅配サービスが増えたことで増えています。求人も沢山ありますので、特別な技能が無く普通自動車免許だけあるという方にもトラックドライバーはオススメです。

トラックドライバーは激務のわりに給料が安いというイメージが世間に広がっていることもありドライバー不足になりがちなのでトラックドライバーの求人は常にあります