就職活動やバイト探しは、電話での面接で採用してくれる所にも注目しよう!

一般的な面接による採用と電話面接による採用の違い

就職活動やバイトを探す時には、大抵選考の中に面接試験が入ってきます。その面接は一次面接や二次面接と複数回行われることも多く、それに合格しないと採用してもらえないので応募者にとっては非常に厄介なものになってきます。一方、電話面接を行っている所なら、対面形式の面接ではなく電話だけで合否を決めてもらうことが出来ます。通常の面接は、面接会場まで何度も足を運ぶ必要があるのに対して、電話面接ならそんな移動をする必要が無いのです。この点が通常の面接に比べ電話面接の大きなメリットとなってきます。会社から自宅が離れていて、飛行機を使わなければ行けないような時に、このような電話面接を行っている企業を見つけられれば交通費を大幅に削減できますし、面接に行く手間も省けます。

電話面接では電話の受け答えなどのマナーも覚えておく

対面型の採用面接の場合は、入退室のマナーや服装のマナーなどを予め押さえておく必要がありますが、電話面接はそのようなマナーを覚えたりしなくても良いです。しかし、その代わりに電話での最低限のマナーは覚えておく必要があります。事前に写真付きの履歴書を送った後に、電話面接が行われることが多いのでどんな顔をしているかは先方も分かりますが、どんな人かどうかは全て電話での対応によって判断されます。その時に、電話でのマナーがしっかり出来ていないと、それだけで評価が下がってしまいます。熱意があっても、電話のマナーが出来ていないと不採用になる可能性もあるので、まずはビジネス関連の参考書にかかれている電話対応でのマナーを見て、電話の掛け方や話し方などを学んでおきましょう。

今の時代ハローワークに出向かなくても、家にいながら携帯電話やパソコンで仕事探しができるようになってきました。特に仕アプリは自分のニーズに合った求人がすぐに検索できるので大変便利です。