これが外資系企業!国内企業との明確な違い

そもそも外資系企業とは

外資系企業とは海外の株主が多い企業のことで、外国の法人か外国人が一定以上の出資をしているのが特徴です。外資系企業の成り立ちは大きく分けて三つ、外国企業が日本で会社を設立、国内企業と共同出資で外国企業が国内に会社を設立、外国企業が国内企業を買収、以上が国内で外資系企業が成り立つパターンです。

外資系企業と国内企業の違いは

給与が高いというイメージがを持つ人が多い外資系企業ですが、国内企業との違いはそれだけではありません。まず、新人という概念がないので入社後すぐ即戦力を求められます。国内企業は研修期間を設けていることが多いですが、外資系企業は入社当日から一人前の仕事を任されることも少なくありません。そのため、若く実績が無くても成果を上げれば重要なポストにつくこともありますし、給与の額も跳ね上がります。実力がある若い人材には嬉しい条件ですね。勿論、成果を上げられなければ給与が減りますし、場合によっては契約が打ち切られることもあります。この徹底した成果主義が外資系企業を成長させているといえます。

常に主張し、仕事の質を向上させる姿勢

上司や部下は勿論、取引先との意思疎通に関してしっかりと主張するのも大きな特徴です。質の良い仕事を目指す外資系企業らしいコミュニケーション術ですね。仕事に関しては年齢関係なく、自分の意見を伝えないと労働意欲がない人材とみなされることもあるので、積極的に意見を言うアグレッシブな姿勢が必要です。国内企業とは違う文化を理解し受け入れることができれば、外資系企業への転職は上手くいくはずです。

外資 ITとは外国資本による情報技術を専門に扱うもので、常に先端の技術に触れることができ、収入も高い傾向にあるのが特徴です。